NEWS

Feel-Light.FITの最新情報をお知らせいたします。

体軸体操

【体軸とは?】 プロスポーツ選手も活用している、運動科学と脳科学の両面から考案された心身コンディショニング理論のことです。 現代の子ども達は20年前に比べて身体が弱くなっているという事実をご存知でしょうか?現代の子どもたちの身体環境は20年前とはかなり異なってきています。 だからこそ運動神経が著しく発達し始める幼少期から、正しい身体の使い方や全てのスポーツにつながる運動スキルの基礎を、楽しく習得していきます。 体軸は運動(スポーツ)・勉強・習い事の土台になるものです。これからスポーツを頑張りたい!勉強がもっとできるようになりたい!という子たちにこそまず身につけていってもらいたいのが、この「体軸」です。 家を建てる時、必ず基礎工事というものがあり、この基礎が大きいほど大きな家が建ちます。反対に基礎が小さいと小さな家しか建ちませんし、基礎が弱いと地震がきたらすぐに建物は崩れてしまいます。 体軸が身につくと、ものごとの習得力がアップ! 基礎的な身体感覚がしっかり根付いた上でスポーツや勉強をおこなえば、そのパフォーマンスは飛躍的に伸び、子どもの可能性をさらに広げることに繋がるからです。 「泳ぎが得意になるようにスイミングを」 「メンタルが強くなるから空手を」 「キレイな姿勢と書き方を身に付けるために習字を」 「塾での勉強で成績アップを」 親子で新たな事に挑戦するのは、子どものまっすぐな成長を願っているから。 ならば、そのパフォーマンスを最大限発揮するために「身体と心の軸を鍛える」という土台作りの考え方を取り入れてみませんか?   参考動画  
詳しく見る

ダイエットのコツ 「食欲コントロール」

痩せたいのであればまず食欲を正常にする。 食欲を抑えるということは寝ないで起きてると同じ。   我慢してカロリー制限の後、ドカ食いするのは、我慢して寝ないで過ごして爆睡するのと同じ。 食事制限するということはそれに匹敵します。  そう思うと、意思で食欲を抑えるって、無理な感じがしませんか? 世の中にはそれができる人もいますが、ごく限られた人たちのみで参考になりません。   食欲増加の原因  「栄養不足」 「野菜食べてるから大丈夫!!」ではなく5大栄養素のことです。 タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルのことです。 5つのどれが欠けても栄養不足です。特に3大栄養素のタンパク質・脂質・炭水化物は最重要栄養素で、どれが欠けても食欲が狂います。 世間でいう「PFC」というのがとっても重要です。 ↑これ? 昔家庭科で習ったし厚生労働省のHPにも載ってる。完全に舐めてた。 「ラクに!簡単に!これだけ飲めば!これだけやれば!」と栄養素を無視したキャッチフレーズに飛びついてました。 正解は身近にありました。   次回に続く
詳しく見る

沖縄 重箱 カロリー

沖縄行事料理 カロリー計算面倒だと思ったらこんなサイトをみつけた。 食べた物だけをお皿にのせてカロリー計算してくれる。 各1つずつ食べただけで1000㌔カロリーオーバー。。+汁とご飯もたべるんですけど。。。 やっべ。 ↑クリックするとサイトへ行きます。
詳しく見る

TYTAX T2‐X  マルチトレーニングマシン

TYTAXは2つの独立したトレーニングステーションで200種類以上のトレーニングをすることが可能です。これさえあればトレーニングの全てを体験することができます。日本でも数機しか取り寄せられていない欧米産の機器です。座席と背もたれの角度が調節できるスライディングベンチ、上滑車とその他の滑車、スミスマシン、レッグプレス、プルアップアシスト、プロ仕様のアクセサリーラックなど!100%欧州連合製で破壊不可能な構造とユニークなミリタリーデザインが特徴です! 画像をクリックするとYOUTUBEにとびます。
詳しく見る

ANIMAL FLOW

アニマルフローが動物の動きを模倣して行うトレーニング アニマルフローは、身体の柔軟性、筋力、コアスタビリティなどを向上させるためのフィットネスプログラムとして提案されています。 通常、アニマルフローは地面に近い姿勢で行われ、クロールや這うような動き、四つん這いの姿勢、動物の動きを模倣するようなフローやセクエンスを含んでいます。これにより、全身の筋肉をトレーニングし、バランスや柔軟性を向上させることが期待されています。 アニマルフローはクロールやクワッドラプレックス(四足歩行)など、動物の動きを取り入れた個々のエクササイズやシーケンスから構成されることがあります。このアプローチは、従来のトレーニング方法とは異なる視点から身体を鍛える手段として注目されています。  
詳しく見る

バンジートレーニング

ドイツ発 新感覚体幹トレーニング 体幹トレーニングは自分の体重を負荷にした、「自体重エクササイズ」を中心に展開されていますが、実は通常の体幹トレーニングよりも、サスペンションツールを使ったエクササイズの方が、腰痛との関連性が高いとされる腹横筋への刺激を多くもたらせる事が科学的検証で明確になっています。伸縮性の無いストラップを使っているサスペンション系のエクササイズツールに比べて、より高い負荷を腹横筋に刺激を与える事が出来ます。 バンジートレーニングは、体力、筋力、柔軟性、バランス、心肺機能などの健康面やフィットネス面でさまざまな効果が期待されています。以下に、バンジートレーニングの主な効果をいくつか紹介します。 全身の筋力アップ: バンジートレーニングは、エラスティックバンジーの抵抗を利用してさまざまな筋群を効果的に鍛えることができます。特に、コア、下半身、上半身の筋肉を強化するのに効果的です。 心肺機能の向上: バンジートレーニングは、有酸素運動を組み込むことができるため、心肺機能を向上させる助けになります。跳ねる動作やバンジーを引っ張る動作などによって、心臓と肺の健康を促進します。 柔軟性の向上: バンジートレーニングは、バンジーの弾力性を活用して身体を動かすため、柔軟性を向上させるのに役立ちます。ストレッチや動的な動作を組み合わせることで、関節の可動域を拡大することができます。 バランスと姿勢の改善: バンジートレーニングは、不安定な状況でエクササイズを行うため、バランスと姿勢を向上させる助けになります。これにより、日常生活の動作やスポーツでのパフォーマンスが向上する可能性ふがあります。 楽しさとモチベーションの向上: 通常のトレーニングとは異なる独特の動きと感覚が、トレーニーにとって新鮮で楽しい体験になることがあります。楽しいトレーニング体験はモチベーションを高め、継続的な運動習慣をサポートします。
詳しく見る

IMPHY認定インストラクター

セルフメンテナンスが 自分本来の能力を引き出す。 IMPHYは「意識・ストレッチ・環境・トレーニング」の4つを軸にセルフメンテナンスを行う事で、身体だけでなく精神的にも余裕が生まれ、最高のパフォーマンスで仕事・運動や生活ができると考えています。直接身体に働きかけるメンテナンスには体力増進や筋力を鍛えるトレーニングだけではなく、ストレッチは同じくらい大切な軸となります。 セルフメンテナンスの鍵はこの4つ! 意識 ストレッチ 環境 トレーニング 「意識」することで始まる 多くの人が身体を壊してから病院に行き、そこで初めて自分の身体と向き合います。大切なのは、悪くなってからではなく、普段から自分の身体と向き合い、状態を知っておくことです。誰かに自分の身体を管理してもらうのではなく、自分で管理し、改善しようと意識を持つことです。意識することで身体の変化にも気づき易くなり、改善努力をする様になります。 それがセルフメンテナンスの第一歩となる訳です。 「ストレッチ」で身体をほぐす 人の身体は、「筋膜」という薄い膜で全身が覆われています。つまり、皮膚の下に筋膜のウェットスーツを着ている様な状態です。伸縮性のないウェットスーツを着ていると動きにくい様に、筋膜が引きつった状態で張り付いてしまっていると身体の動きは制限され、血流の悪化や、ハリやコリを引き起こします。そこで、一旦悪い姿勢で凝り固まってしまった筋膜はほぐさなくてはなりません。この筋膜のハリを改善する「筋膜のリリース」(ストレッチをして筋膜をハリの無い正常な状態にすること)が重要となります。 「環境」を整える 継続する悪い姿勢は筋膜のハリや引きつりを起こします。悪い姿勢がより強固な悪い姿勢を生み出すのです。ストレッチをしてせっかく筋膜のリリースを行っても、その悪い姿勢を起こす原因を根本から改善しなければ、またハリや引きつりを起こしてしまうことになります。姿勢を改善する為には姿勢を崩す環境を整え直す事が重要になります。例えばオフィス環境でいえば、デスクや椅子の高さを身長に合わせること、骨盤を起こしS字姿勢で座ること、キーボードの位置や画面の高さを調整して肩や首に負担をかけないこと、この様にワークスペースの環境を整える事も姿勢の改善に繋がり、健康な身体を作るメンテナンスなのです。 「トレーニング」で身体をつくる 筋膜のリリースは均整のとれた身体にする重要課題ですが、弱った筋肉も鍛えないと均整のとれた身体にはなれません。均整のとれた身体とは、身体の前後、左右、上下の張力がバランスのとれた状態を言います。それにより骨格が本来の正しい状態になるよう支えとなり、筋力のパフォーマンスを上げ、内臓の動きを良くし、脳の働きまで活性化するのです。  
詳しく見る

ピラティスインストラクター

ピラティスインストラクターとは? 効果のある実践法を正しく指導できるプロ! ピラティスとは? ピラティスは、ドイツ人看護師のジョセフ・H・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したエクササイズ。体の深層部にあるインナーマッスルを強化し、体全体のバランスを整えることで、背筋が伸びた美しい姿勢、しなやかで自由自在に動く肉体など、あなたが望む理想的な体や健康を手にすることができます。 ピラティスとヨガの違いとは? 一見似ているように思われる2つのエクササイズ。でも実際は目的や意識が大きく異なります。ピラティスは正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整えるエクササイズ。ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら、筋肉や血液の流れを整えるエクササイズです。つまり、心の安定を求めリラックスしたい方はヨガ、体を内側から鍛え、しなやかな筋肉をつくりたいならピラティスがオススメです! リハビリがベースなので年齢、体力に関係なく誰でもはじめられます! ピラティスのエクササイズは、筋トレのように「負荷」を加えて筋肉を強くするものではなく、体と心のコントロールが基本。どれだけ正しく行なうかという「質」を重視するため、体への負担が少ないのが特長です。リハビリのために開発されたこともあり、年齢や体力に関わらず、ムリなくはじめられるのも魅力です。 トップアスリートも勝つために実践しています! ピラティスで体幹を鍛えることで、運動中の体勢が安定し、より強いパワーを発揮する肉体を手にすることができます。そのため、サッカー選手やプロ野球選手、テニス選手など、世界でも多くのトップアスリートがピラティスをトレーニングに取り入れています。 美容にも効果あり!ダイエットにも生かせます! ピラティスで鍛えるのは、外側の大きな筋肉(アウターマッスル)ではなく、体の深層部にある小さい筋肉(インナーマッスル)です。インナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝が上がり、消費カロリーを上げることができるので、ダイエットやシェイプアップに効果大です。 ピラティスインストラクターは正しく効果的な指導ができるプロ!      
詳しく見る

スポーツメンタルトレーナー

スポーツメンタルトレーナーは 選手の悩みに寄り添い、問題解決を促し、心の成長をサポートします 一人ひとりの心に寄り添って、適切にサポートメンタルトレーナーの役割 メンタルを向上させるには、個々の心理状態を見極め、設定した目標に向かって、適切なトレーニングを行うことが大切。スポーツメンタルトレーナーは、心理学に基づいて、選手の悩みや課題を解決し、ベストな結果を残せるようサポートを行います。 メンタルトレーナーの知識とスキル 心理学 子どもの気持ちや心の動きを理解する”言うことを聞かせる”指導は反発を招くだけ。子どもの気持ちを聞いて、寄り添い、尊重することで、子どもの主体性が育ちます。 言葉かけ 言葉の力を使って励まし、支える何気なくかけた言葉が、時には刃になることも。Noとは言わず、決めつけず、ポジティブに。常に前を向かせる言葉かけを行います。 メンタルトレーニング 心理的なテクニックで、競技力を向上させるその子が抱える問題や課題、目標や状況に応じて、適切なトレーニング方法をチョイス。ゲーム感覚で楽しく取り組めるよう指導します。  
詳しく見る

ダイエットインストラクター

ダイエットインストラクターとは? 健康的な身体作りのメソッドを身につけ指導できるプロフェッショナルです。 より効果的なダイエットを!正しく学んで健康的な体型に! 食・心理・運動の3側面でやせるコツがわかるからリバウンドしないダイエットができる! “ダイエット”というと体重を気にする人が多いと思いますが、大切なのは「体脂肪率」です。正確なダイエットの知識を食・心理・運動の3つの側面から理論と実践を交えて指導。ムリなく自然に理想の身体に近づけます。
詳しく見る

姿勢改善アドバイザー

姿勢改善アドバイザー カラダに負担をかけずにゆがみを改善。美しい姿勢、歩き方、バストもヒップもアップして、理想のプロポーションをつくり見た目の印象を劇的にアップさせます。また、心とカラダは密接につながっているため、姿勢を正し、胸を広げれば心も自然と前向きになっています。 姿勢改善のアドバイスやウォーキング法、セルフトレーニング技法成長期のお子さまや、堂々とした立ち居振る舞いが求められるビジネスマンなど老若男女問わず対応できます。
詳しく見る