Feel-Light.FIT(フィールライトフィット)は、那覇市楚辺にあるキッズスペース完備の女性でも安心な
パーソナルトレーニングジムです。

    NEWS

    ジムへの懸念  解決!!

    ジムに行かない理由 高額(入会金や16回利用で50万円くらい) 期間縛り(2・3か月) キツそう(筋肥大が目的の為、高負荷でハード) 食事制限がいや(減量に直結するので必須なところが多い) できるか心配(1回の体験だけじゃ不安) 時間がない 距離が遠い 急な用事などのキャンセル   などいろいろありますが。。 解決します。 高額・期間縛り・できるか心配・用事→  1回利用(4,000円~) 清算   高額な商品を買わなくて済む。 できるかしばらく続けることができる。 都度清算なので期間の縛りなし 私用を優先できる。 キツそう→ 筋肥大が目的ではないので筋肉への負荷は最小。主に安定性・可動性(柔軟性・可動域)の獲得を目指す。不良姿勢の場合姿勢改善を行う。 時間がない → 時間があるときとない時を30~90分でフレキシブルに対応 距離が遠い → 獲得後に近くのジムに通うことが出来る。パーソナルでもフィットネスジムでも。     デメリット 妥協しやすい 行っても、行かなくてもいいとなると。。 予約は会員様優先となるため希望時間の確保が難しい。            
    詳しく見る

    空腹感と満腹感と食事スピードについて。中級編

    人間が成し遂げたすべての技術的進歩にもかかわらず、人間の生物学は同じままです。私たちは適度な量の食物のために一生懸命働くように進化しましたが、今日、食物はあまりにも簡単に手に入るので、上品で高エネルギーの食事を食べるためにあまり身体活動に従事する必要はありません。これが、15億人が太りすぎになっている単純な理由です。今日の非生物学的状況に対処するには、体重を制御するための外部サポートが必要です。 人々がどのように食べるか、そして食事パターンが変化すると生理学と感情に何が起こるか! 制限的な摂食行動は精神障害を引き起こす可能性があるため、患者は通常の食事方法を学ぶことで感情行動を変えることができます。 2種類の食行動 通常の摂食行動は、食事の過程で減速します。私たちは食事の始めに少し速く食べてから、遅くなります。しかし、神経性食欲不振症やその他の摂食障害のある人は一定の割合で食事をします。彼らは直線的に食べます。減速した食事者は食物摂取量の制御を維持することができますが、線形を食べる人は、食べる時間が限られている場合、または食べることができる食物がたくさんある場合、制御を維持するのが難しいと感じています。その結果、食物摂取量と体重の制御が失われます。 食べることを学ぶことが重要な理由 不安、強迫観念、うつ病は、摂食行動が正常化するにつれて減少します。 空腹ホルモン、グレリン 空腹感に関与していると考えられているホルモン(例えば、グレリン)と満腹感、例えばペプチドチロシンチロシン、PYYは、摂食行動によって制御できることを報告した。したがって、肥満の子供と青年は、入院時と退院時、12か月後に検査されました。 入院時に、標準治療またはマンドメーターに割り当てられた子供は、同様のレベルのグレリンを持っていました。 標準治療を受けた人は、退院時にグレリンのレベルが上昇していました。 マンドメーターで治療された人は、退院時にグレリンのレベルが低下しました。 PYYのレベルの変化は、グレリンのレベルとは逆でした。 これらの結果は、まず、摂食行動に関連するホルモンを制御することが可能であり、摂食速度を低下させるとホルモンを制御することができることを示しています。第二に、この結果は、ホルモンと摂食行動の因果関係について一般的に保持されている仮定に疑問を投げかけています。グレリンの増加は摂食を引き起こし、PYYの増加は逆の効果をもたらすという仮定です。Galhardo et al(2012)によって報告された結果は、それが逆であることを示唆しています。    
    詳しく見る

    ゆっくり食べることを習慣化する

    食べるのが早い人は、噛む回数が少ないため、消化不良や食べ過ぎ、ひいては肥満を招く。だからよく噛んで、ゆっくり食べるようにしよう・・・食育の講座などでよく言われることです。 今世紀に入って行われた研究では、よく噛むことでカロリー摂取が12%ダウンする、という結果が出ているそうです。 「よく噛んで食べる」ことをダイエット法として最初に提唱したのは、「偉大な咀嚼者」という異名を持つ、ホレイス・フレッチャーなる人物だとされています。いまから百年前、20世紀初頭のことです。 このフレッチャー氏は現代風にいえば「食育オタク」のような人物だったようです。しかし、彼の唱える方法は、少々特殊なものでした。というのは、口に入れた料理を何度も丁寧に噛むところまでは理解できるのですが、その後が変わっていました。よく噛み栄養分をすべて吸収した後、残りは飲みこまずに吐き出す、というものだったのです。まるでチューインガムのように。 そんな特殊な内容でしたが、フレッチャー氏のこのダイエット法(フレッチャーイズム)は、そこそこ人気があったようです。作家のフランツ・カフカなどが、フレッチャーイズムを取り入れたとされています。 さて、EU(欧州連合)が資金を拠出して行われている「SPLENDID PROJECT」(http://splendid-program.eu/)という大規模な食育プロジェクトがあります。 高校生以上の若者を対象に、 肥満予防 食の乱れの解消 をテーマとした活動を展開しています。 このプロジェクトの一環で、「早食い防止グッズ」が開発されています。 Mandometer® たとえば、咀嚼センサー(chewing sensor)。これは、人が食事中によく噛んで食べているか、それともあまり噛まずに飲みこんでいるかを測定する装置です。また、Mandometer®という食事スピードセンサー。これは、皿に載せた料理の重さがどのようなスピードで減るか=どのようなスピードで食べているか、を測定する装置です。 現在、この咀嚼センサーや食事スピードセンサーをスウェーデンの高校に導入し、ゆっくり食べることで食習慣の改善につなげるための研究が行われています。オランダの高校も近いうちこの研究に参加する予定とのこと。 民間の企業が開発した「早食い防止グッズ」もあります。 Hapifork(ハピフォーク) たとえば、香港の企業が開発した Hapifork(ハピフォーク)。これは、スマホなどと連動し、食べるスピードを監視するフォークです。食べるスピードが速すぎると、LEDの点滅やバイブレーションで警告を伝えます。
    詳しく見る

    税金をかけてみた

    2014年11月上旬。カリフォルニア州バークレー市。糖分の多い炭酸飲料に税金をかける法案が市議会で可決されました。肥満の増加に悩むアメリカでも初めてのことです。 ニューヨークでも同様の法案がかつて審議されていましたが、炭酸飲料業界のロビー活動により廃案となっています。 健康に悪い(悪そうな)食品に課税するという試みには、これまで以下のような例があります。 ルーマニアのジャンクフード税(2010年~) デンマークの飽和脂肪酸税(2011年~2012年):低所得者層からの反発が大きく、その割には飽和脂肪酸の摂取が減らないという理由で廃止。 ハンガリーのポテトチップス税(2011年~) フランスのソーダ税(2011年~) メキシコのソーダ税(2014年~) このような税が試みられるということは、英米以外の国も肥満対策に手を焼いているということなのでしょう。
    詳しく見る

    DASHダイエット ~アメリカ~

    DASH ダイエット」は、アメリカの国立心臓・肺・血液センター「National Heart, Lung, and Blood Institute」が開発した食事法です。アメリカ人にとって最良の食事法だとして、アメリカ農務省が推奨しています。 「DASH」は、Dietary Approaches to Stop Hypertension(高血圧をストップさせる食事法)の略。つまり、もともとは高血圧患者のための食事法でした。しかし、内容がきわめてヘルシーであるため、専門家の評価も高く、一般向けの食育としても推奨されています。 主な内容としては 飽和脂肪酸はできるだけ避ける 果物や野菜を毎日とる 乳製品は無脂肪または低脂肪のものを選ぶ 穀類は全粒穀物(玄米や全粒粉)にする 豆、種子、ナッツを積極的に食べる タンパク質は魚や鶏肉を選ぶ 塩分を控え、ハーブなどで代替する といったことが挙げられています。
    詳しく見る

    体型 エンドモーフ編

    人の体型には3種類ありそれに応じて食生活や主なエクササイズが変わってくる。もちろん、明白に3種類に分かれるわけではないが参考に考えてみよう。 エンドモーフは骨格がしっかりしていて3つの体型種の中でも体重も見た目よりも多い。この体系の人は炭水化物を上手く分解できず、すぐに脂肪にかえてしまう。その結果、炭水化物主体の食生活だとどれだけ食べる量を減らしても太ってしまう。特にお腹周り(内臓脂肪)の脂肪の蓄積が多くなりがちな体型だ。 エンドモーフのメリットは骨格が他の2種よりもしっかりしているため骨密度の心配をする必要はさほどない。骨格がしっかりしている分、肉体への負荷は他の2種よりも耐えられる。 この体系は主にラグビー、レスリング、アメフト、プロレス等に多く見られる。 健康面に関してはインスリンが過剰に反応するため膵臓への負担や肥満、メタボなどの問題を引き起こす。代謝関連の病気になりやすい体型だ。 エンドモーフ編 エンドモーフとエクササイズ エンドモーフの多くの運動目的は体型から脂肪の燃焼がどうしても目立つ。エクササイズのプランとしてはいかに運動後も脂肪を燃やし続けるかが課題。低速の有酸素運動もいいが重量を持ち上げることを得意とするため効率的には後者を優先するべきだろう。 内容はスクワット、デッドリフト、ベンチプレスなどのパワーリフティングを中心に3-5回を3-8セット行い休みもセット間を2-3分と多めにとるのがいいだろう。 エネルギーを脂肪中心にするとどうしても回復能力が遅くなりこういう結果になってる。しかしこのようなトレーニング内容はトレーニング後24時間強は燃焼効果が持続する。 エンドモーフとダイエット エンドモーフ体型の人は炭水化物の吸収が他の2種類の体型よりもはるかに劣るため、果物も含め炭水化物、糖質を含む食材を避ける必要がある。 ただし、炭水化物を摂取してもいい時はあり、それはトレーニング後90分の間が理想。トレーニング後90分間は摂取した栄養全てが肉体疲労、筋肉損傷、などを回復させるために使われるため、脂肪蓄積に使われることはない。もちろん、例外はあり2型糖尿病の人はトレーニング後も炭水化物を取らない方がいい。 理想の炭水化物、タンパク質、脂質の分配は、25%、35%、40%となるが、人によっては炭水化物と脂質が10%と55%になるケースもまれではない。お勧めはまず、炭水化物、タンパク質、脂質を10%、35%、55%で始め、少しずつ様子を見ながら(2週間程)割合を変えていくのがいいだろう。 代表的なダイエットとしては、アトキンズ、ぺリオ、ケトジェニックなどタンパク質や脂質を多くとり炭水化物を極端に減らすものがある。また、野菜中心のダイエットも効果はあるだろう。ただ、野菜中心の場合タンパク質の摂取があまり適していないためトレーニングをする人には不向きかもしれない。 3種の体型の中で恐らく一番食事管理の難しい部類だろう。それでも、対策がないわけではなく理解をして上手く付き合い慣れれば、他の2種よりも分かりやすい体型でもある。
    詳しく見る

    体型 エンドモーフ・メソモーフ・エクトモーフ

    体型理論の理解と活用(エンドモーフ・メソモーフ・エクトモーフ) 人間の体型は一人ひとり独特で、特定のカテゴリに完全に合致するわけではありませんが、一般的に、体型はエンドモーフ、メソモーフ、エクトモーフの3つの体型に分けられます。これらはウィリアム・H・シェルドン博士によって1940年代に提唱された概念で、各体型は遺伝的要素に基づいているとされています。 1.エンドモーフ体型エンドモーフ体型の人々は、体が脂肪を貯めやすい傾向にあります。これは主に遺伝的な要素によるもので、食事の量や運動の量にかかわらず、体がエネルギーを蓄えやすい体質を持っていることを示しています。しかし、これは同時に筋肉を増やしやすいという利点もあります。エンドモーフ体型の人々は、高強度間欠トレーニング(HIIT)や重量トレーニングなど、エネルギー消費が高い運動が特に効果的であるとされています。また、食事においては、バランスの良い栄養素の摂取と、特に糖分の摂取量に注意することが重要です 2.メソモーフ体型メソモーフ体型の人々は、筋肉を増やしやすく、体脂肪を適度に保つことができるという利点があります。これにより、彼らは様々なスポーツや運動に適応しやすい傾向にあります。メソモーフ体型の人々は、筋肉の成長を促すために適度なプロテインの摂取と、全体的なカロリーの摂取に注意を払うことが重要です。また、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせた運動計画が、筋肉を保ちつつ体脂肪を管理するのに効果的です。 3.エクトモーフ体型エクトモーフ体型の人々は、細長い骨構造と高い代謝率を特徴としています。これにより、彼らは体脂肪を増やすのが難しく、一方で筋肉をつけるのも一苦労することが多いです。エクトモーフ体型の人々は、筋肉を増やすために高カロリーの食事とプロテインの摂取を増やすことが一般的に推奨されます。運動に関しては、重量トレーニングが筋肉の成長を促すため、特に有効です。 以上の説明は、一般的な傾向を示すものであり、個々の人間はこれらの体型のどれか一つに完全に合致するわけではありません。多くの人々は、これらの体型の複数の特徴を併せ持つことがあります。これらの体型は、あくまで個々の体質を理解するための一つのツールとして使われるべきであり、体型に基づくステレオタイプや制限を設けるべきではありません。 また、これらの体型は遺伝的な要素に大きく影響されますが、ライフスタイルや食事、運動習慣などの環境的要素も体型に大きな影響を与えます。したがって、ある特定の体型に基づいて自分の運動や食事を完全に規定するのではなく、自分の体がどのように反応するかを観察し、それに基づいて調整を加えることが最も重要です。 あなた自身がどの体型に当てはまるかを理解することは、自分にとって最適な食事や運動習慣を見つける上で有用ですが、それはあくまで一つの手段に過ぎません。最終的には、健康的なライフスタイルを維持し、自分自身が良いと感じる方法で自分の体をケアすることが最も重要です。
    詳しく見る

    体型 メゾモーフ編

    人の体型には3種類ありそれに応じて食生活や主なエクササイズが変わってくる。もちろん、明白に3種類に分かれるわけではないが参考に考えてみよう。 メゾモーフ編 メゾモーフの体型の人はいわば万能で脂質、炭水化物の両方を効率よくエネルギーに変えられ、あまり運動をしなくても筋肉質の人が多い。この体系でない人はきっと羨ましがる体型だろう。メゾモーフ体型の例としては体操の選手、短距離走、サッカー選手特にフォワードやスピードを活かす選手などが主だろう。 ただ、エクトモーフでも触ったが、体質がいいからと言って体内の状態がいいとは分からない。エクトモーフと同じく定期的な健康診断を行うことをお勧めする。特に男性の場合は筋肉の発達の源なる男性ホルモン、テスタストロンを多く分泌するため、膀胱癌の検査はちゃんと行っておこう。 メゾモーフとエクササイズ メゾモーフ体型の人のエクササイズ目的は主に体脂肪の低下と運動能力の向上が多くみられる。エクトモーフと比べると肉質が多くちょっと脂肪がついただけでそれなりに目立つ。トレーニング内容としては、筋トレとインターバル・トレーニングのブレンドをお勧めする。週3-5回のトレーニングでそのうちの2-3回は筋力アップのトレーニング、残りの2-3回は筋持久力アップをメインにしたトレーニングを行うのがいいだろう。 もちろん、万能型だから、ムキムキになることも引き締まった体質になることも可能。上記のプログラムは後者の為と考えていいだろう。さらには、羨ましいことにこの体系はちょっと運動しただけで結果が出る。 メゾモーフと食生活 脂肪と炭水化物の両方をエネルギーとに変換できる万能型ではあるがどちらが多すぎてもいい訳ではない。理想の炭水化物、タンパク質、脂質、の分配は40%:30%:30%。 筋肉量が他の2種類の体型よりも多いから多少のズルをしても差ほど影響はない。しかし、上記で話したように、エクトモーフと同様、食生活に応じて体内の健康状態は外からは分かりづらい為、定期検診は行うようにするべきだろう。
    詳しく見る

    体型 エクトモーフ編

    人の体型には3種類ありそれに応じて食生活や主なエクササイズが変わってくる。もちろん、明白に3種類に分かれるわけではないが参考に考えてみよう。 エクトモーフ編 やせ形体型の人をエクトモーフと言う。エクトモーフに当てはまる人の多くは筋量が低い代わりに持久力が高く、炭水化物を他の2種類の体型よりも効率よく分解しエネルギーに変換できる。 エクトモーフの運動目標は減量よりも筋量を増やすという傾向が多い。主な理由としては、痩せ太りと骨粗鬆症をを防ぐことが目的。痩せ太りと言うのは体重は平均以下だけど体脂肪が高い、又は筋量が極端に少ない為、体に張りがなくブヨブヨ感がある人が多い。また線が細い為、骨粗鬆症や骨に関する問題が多い。 また、実際には痩せているため、健康に問題がないと思いがちで突然病気にかかり、「あの人は健康そうだったのに」など突然何かが起こったかのように思われる。「痩せている=健康」ではないという代表的な体型だ。 骨粗鬆症以外では甲状腺の問題がある。炭水化物を摂取しても大丈夫と言う点から多く摂取し過ぎ甲状腺への負担をかけてしまうケースも多く、甲状腺の働きが低下する橋下病などが起こりやすい。 エクトモーフのエクササイズ エクトモーフの人がより健康にいるためには筋肉を付けるためのエクササイズがお勧め。この体系の多くの人は持久走に優れているため筋トレよりもマラソンなどの持久力系の運動を好む。しかし、そうすると筋肉の発達が行われず、骨の強化にも影響がある。マラソンが悪いわけではないが、週2-4回の筋トレをしておくと、ケガや病気などを防ぐメリットにもつながる。 エクササイズ内容は引く(腕立て)、押す(懸垂)、しゃがむ(スクワット)、前屈(デッドリフト)などを中心とした8-12個のエクササイズを8-12回、3-4セット行うことが効率がいい。筋力アップと共に有酸素運動効果もあるため、エクトモーフの人にとっては効果は高い。 エクトモーフと食事 エクトモーフは炭水化物にもっとも強い体質を持っている。つまり、インスリンの感受性が基本的に高く、炭水化物をメインに摂ってもさほど問題はない。でも、脂肪燃焼を必要としているのであれば運動後にたんぱく質と一緒に炭水化物を多めに取ると効果は抜群。 炭水化物、タンパク質、脂質の分配は55%:25%:20%が理想。考え方としてはインスリンを上手く活用してタンパク質、野菜や果物から取れる栄養素を細胞に運んでもらうという考え方が必要だろう。 この食生活は、日本、韓国、地中海、などの食生活が代表的。 上記でも話したけど細身だから健康と言うのは全く持って空想上の話であり、この体系は脂質をメインのエネルギーとしないため、流行りの炭水化物を抜くダイエットを始めると病気しがちになりやすい。そのため、この体系の人は必ず毎年の健康診断を受けることをお勧めする。
    詳しく見る

    リズムステップ ディフューザー

    スポーツにおけるリズムとは・・・ 動きの緩急(メリハリ)緩急のある動きは、リズミカルに見えます。これは筋肉の収縮と弛緩がスムーズに行えている証拠。一流選手の動きがリズミカルなのはこのためです。 動きの細かさどんな動きも必ずリズムを持っています。それは頭の中にある「リズム」に「関節運動」を当てはめることで、「動き」が作られるからです。例えば「1・2・1・2」というリズムに足踏みが加わり、歩行という動きが生まれます。問題は頭の中にあるリズム。残念ながら日本人の多くは「1・2・3・4」という4拍子のリズムしかありません。しかし、音楽環境の豊富な諸外国人は8拍子、16拍子といった、日本人の2倍、4倍の細かいリズムを持っています。そのため、ブラジル人サッカー選手のパスのタイミングを日本人は読めません。 リズムトレーニングとは・・・  リズムトレーニングは「リズム感」を高めることで運動能力を向上させる、全く新しいトレーニングです。 現在スポーツのトレーニングでは、筋力や心肺機能等フィジカルにアプローチするもの、姿勢やフォームなどテクニックにアプローチするもの、あるいは戦術やメンタルにアプローチするものがほとんどです。 リズムトレーニングは「リズム」からアプローチする全く新しいトレーニングです。今まで「あの人はセンスがいいよね!」で済まされていた「センス」こそが、実は「リズム感」だったのです。皆さんの想像以上に、「リズム感」を高めることで運動能力は向上します。 リズムトレーニングピラミッド 種目別トレーニング種目特有の動きや必要とされる能力を、様々なリズムで学 習しプレーの幅を広げる。 (競技選手・部活動) リズムサーキットジャンプ運動をベースにしながら、ミニハードル、コーン、 ボール、跳び箱等を使い、より実践的な動きの中でリズム を学習する。(競技選手・部活動・授業) リズムジャンプ音楽に合わせて様々なジャンプ運動を行う。リズム感や敏 捷性をみにつける基本的な運動。リズムを変えたり、回転 動作を加えることで難易度をコントロールできる。(授業・ 運動遊び)     動画はこちら
    詳しく見る

    体軸体操

    【体軸とは?】 プロスポーツ選手も活用している、運動科学と脳科学の両面から考案された心身コンディショニング理論のことです。 現代の子ども達は20年前に比べて身体が弱くなっているという事実をご存知でしょうか?現代の子どもたちの身体環境は20年前とはかなり異なってきています。 だからこそ運動神経が著しく発達し始める幼少期から、正しい身体の使い方や全てのスポーツにつながる運動スキルの基礎を、楽しく習得していきます。 体軸は運動(スポーツ)・勉強・習い事の土台になるものです。これからスポーツを頑張りたい!勉強がもっとできるようになりたい!という子たちにこそまず身につけていってもらいたいのが、この「体軸」です。 家を建てる時、必ず基礎工事というものがあり、この基礎が大きいほど大きな家が建ちます。反対に基礎が小さいと小さな家しか建ちませんし、基礎が弱いと地震がきたらすぐに建物は崩れてしまいます。 体軸が身につくと、ものごとの習得力がアップ! 基礎的な身体感覚がしっかり根付いた上でスポーツや勉強をおこなえば、そのパフォーマンスは飛躍的に伸び、子どもの可能性をさらに広げることに繋がるからです。 「泳ぎが得意になるようにスイミングを」 「メンタルが強くなるから空手を」 「キレイな姿勢と書き方を身に付けるために習字を」 「塾での勉強で成績アップを」 親子で新たな事に挑戦するのは、子どものまっすぐな成長を願っているから。 ならば、そのパフォーマンスを最大限発揮するために「身体と心の軸を鍛える」という土台作りの考え方を取り入れてみませんか?   参考動画  
    詳しく見る

    ダイエットのコツ 「食欲コントロール」

    痩せたいのであればまず食欲を正常にする。 食欲を抑えるということは寝ないで起きてると同じ。   我慢してカロリー制限の後、ドカ食いするのは、我慢して寝ないで過ごして爆睡するのと同じ。 食事制限するということはそれに匹敵します。  そう思うと、意思で食欲を抑えるって、無理な感じがしませんか? 世の中にはそれができる人もいますが、ごく限られた人たちのみで参考になりません。   食欲増加の原因  「栄養不足」 「野菜食べてるから大丈夫!!」ではなく5大栄養素のことです。 タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルのことです。 5つのどれが欠けても栄養不足です。特に3大栄養素のタンパク質・脂質・炭水化物は最重要栄養素で、どれが欠けても食欲が狂います。 世間でいう「PFC」というのがとっても重要です。 ↑これ? 昔家庭科で習ったし厚生労働省のHPにも載ってる。完全に舐めてた。 「ラクに!簡単に!これだけ飲めば!これだけやれば!」と栄養素を無視したキャッチフレーズに飛びついてました。 正解は身近にありました。   次回に続く
    詳しく見る

    ABOUT私たちについて

    Feel-Light.FITは、那覇市楚辺にある誰でも楽しみながら健康的に取り組めるパーソナルトレーニングジムです。無理のないトレーニングを心がけています。運動と栄養のプロフェッショナルが徹底的にお客様に寄り添い理想の身体へ導きます。

    TRAININGトレーニング内容

    Feel-Light.FITは、「ココロもカラダもかるく」をコンセプトに、お客さまお一人おひとりに合わせたベストなトレーニングをご提供しています。健康的で楽しくパフォーマンスを引き出せるよう導くお手伝いをいたします。

    STRENGTHA
    強み

    パーソナライズ

    レッスン前にお客様一人一人とご相談いたします。無理なく楽しくトレーニングできるようプロがご提案いたします。

    多様なトレーニング

    日本でも数機しか取り寄せられていない欧米産の機器、TYTAXを使ったトレーニングを行えます。

    オシャレな空間

    カフェのような居心地の良い空間を完全貸切でご利用することができます。人目も気にせず好きな音楽をかけてトレーニングに集中できます。

    カロミル

    健康管理アプリ「カロミル」を使用し、実際の食事を管理いたします。カロミルはスマホで撮るだけ簡単仕様でカロリー計算ができるアプリです。

    キッズルーム

    お子様がいる方でも安心してトレーニングできるよう、キッズルームをご用意しております。窓からお子様の様子も確認できます。

    InBody

    体重や脂肪を計測してくれる「InBody」を使用し、効果を自分の目で確かめることができます。

    FACILITIES

    設備について

    日本でも数機しか取り寄せられていない欧米産の機器『TYTAX』、その他多数の設備・器具を取り揃えています。
    鍛えたい部位、内容に合わせて知識・経験豊富なトレーナーがしっかりとサポートいたします。

    ACCESSアクセス

    会社名 Feel-Light.FIT
    住所 〒900-0023
    沖縄県那覇市楚辺2丁目32−28
    ※店舗前駐車場有り(1台)
    TEL 070-9070-1182
    営業時間 9:00~21:00
    近隣パーキングエリア 〒900-0023
    沖縄県那覇市楚辺2丁目27−10

    PRICE料金について

    CONTACT

    お問い合わせ